【初心者でも安心】不動産投資を専門企業に相談するメリットを解説

MENU

投資をお考えの方へ

スーツの人

投資対象を知ろう

日本人は他の先進諸国と比べて預金率は高いものの、積極的に投資を行わない傾向があるといわれています。しかし、近年では将来の年金不安などから自分自身で老後資金を確保することの重要性が指摘されだしたり、国も株式投資などに対する優遇制度を整え出すなど投資しやすい環境が整いつつあります。そうした影響もあり、若年層や少額の資金からでも投資を始める人が増えてきているといわれています。投資の対象としては株式やFX、不動産投資といった選択肢があります。比較的少額からでも投資を始めやすい株式やFXと比較すると、不動産投資は高額な資金が必要となり敷居が高いというイメージがあります。そのため、自前の不動産を所有していて土地活用の一環で不動産投資を行うケース以外では個人が不動産投資に手を出すケースは少ないといわれてきました。しかし、近年では個人投資家が金融機関の借りれなども利用してアパートやマンションを購入し不動産投資を行うケースも増えてきているといわれています。不動産投資は安定した家賃収入が得られるというメリットがある一方、空き室リスクが大きな問題となります。一定の数の物件を所有すればリスク分散にもつながるという観点から、不動産投資に成功している個人投資家は借入を繰り返して所有物件を増やしていくケースも多いといわれています。また、近年ではREITを通して少額からでも不動産に対して投資を行うことも可能となってきています。