【初心者でも安心】不動産投資を専門企業に相談するメリットを解説

MENU

アパート経営

女性

事前にしっかり検討しよう

平成27年から相続税制が改正され以前よりも控除額が大幅に削減されています。そのため、一定の資産を所有している世帯にあっては、以前にもまして早い段階から相続税対策を検討しておくことが重要な時代となってきています。特に、不動産については換価が容易な金融資産とは異なり土地活用や売却にも一定の時間がかかることが一般的なため、余裕を持って対策を行うことが重要となります。相続税の節税対策につながる土地活用の方法としては、以前からアパート経営を行うと言った方法が有効なことが広く知られています。借入をしてアパート建設を行い相続税の評価額を下げて、家賃収入という形で長期的に回収していくことで結果として大きな節税効果を得られるというものです。アパート経営では安定した家賃収入を得られるかどうかが成功の大きなポイントとなります。そのため、空室の有無にかかわらず一定の家賃額を保証してくれる一括借り上げ制度による家賃保証サービスを利用するアパート経営者も増えてきているといわれています。家賃保証サービスを利用する場合、短期的な空室状況を機にする必要はないというメリットがありますが、満室に近い入居率の場合は自身で空き室リスクを負う場合と比べて手取りが少なくなるというデメリットもあります。また、契約内容によっては家賃保証の金額も一定の期間ののちに変動する場合があります。そのため、家賃保証サービスを利用してのアパート経営を検討している場合、事前にしっかりサービス内容を把握したり複数の会社の家賃保証サービスを比較検討しておくことが重要となります。