【初心者でも安心】不動産投資を専門企業に相談するメリットを解説

MENU

10年毎に物件を買い換え

家とお金

常に入居率を高く維持する

多くの方が始めているのが不動産投資。毎月安定した家賃収入を得られる上に、投資対象を担保にできるのが不動産投資の魅力です。また、物件管理を管理会社に任せることで、手間がかからないのも魅力的。しかし、多くの方があまりにも長いスパンで投資計画を立てており、失敗するリスクを抱えています。これから不動産投資を始める方は、失敗リスクを最大限に抑える10年のスパンで計画を立てるようにしましょう。不動産投資の最大のリスクが、入居率の低下です。入居率が低下すると、当然ながら家賃収入も低下します。借入金の返済が苦しくなる上に、資産形成のための収入が途絶えます。この入居率の低下を防ぐためには、常に新しい物件を保有することが重要。多くの方が投資計画を20年から30年で考えますが、築20年・30年の物件では高い入居率は維持できません。それに対し10年のスパンで考えることで、10年毎に物件を買い換えることが可能です。入居率低下を効果的に防げるため、失敗するリスクを最大限に抑えられます。そこで重要となるのが不動産投資会社選びです。10年毎に物件を買い換える資金計画を立ててくれるか、物件売却のサポートを行ってくれるかが、不動産投資会社選びのポイント。この2つのポイントで選ぶことで、初心者の方も失敗することなく安定した家賃収入を得られます。まずは不動産投資会社が開催するセミナーに参加し、どのような計画を提案してくれるかを比較するといいでしょう。